FC2ブログ

武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

≫ EDIT

長浜市下多良にて大谷吉継の首塚

長浜市下多良には大谷吉継の首塚があります。

P1150481_R.jpg

場所は住宅街の入り口にある下多良神社の裏手に広がる広大な畑のど真ん中!
農道に大型車は入れないので車で行くなら神社にとめて案内板を見てゴー!です。


P1150490_R.jpg

関ヶ原で西軍として奮戦するも、小早川秀秋の裏切りによって敗北を悟った吉継は、
首を渡すまいと家臣、湯浅五助の解釈で自害。吉継の甥の僧、祐玄が首級を綿の袋に入れて
敦賀への逃亡の途上にこの地に埋め隠したと伝わり、地元の人が大切に守ってきたそうです。

奥にうっすら見えるのが石田三成が捕縛された伊吹山。
眺めているとフィールドの規模や空気感を感じられる気がします。


P1150483_R.jpg


案内板には平成23年って書いてあって、訪れる人が増えて整備されたようです。
義を重んじ、友情を貫いた吉継さんは、現在だって人気ある武将ですもんね。

関ヶ原の時には東軍に加わるつもりのところ、親友である三成に説得され、
無謀と知りながら西軍につき、それでも最期まで全力でその義を貫いてます。

病気で盲目な上、体も不自由だったので輿の上から指揮したっていうけど、
多勢を相手にしながら、大谷隊はめっちゃ強かったですよね・・・泣けますわ。


P1150486_R.jpg

覆屋の中には小さな五輪塔がありました。本当に首を埋めたとか埋めてないとか
そういうことはどうでもよく、偲ぶ人たちの気持ちが続いてるってとこが大事。


P1150494_R.jpg

ちなみにこちらが下多良神社。ワタクシはナビに出なくて一発でたどり着けず、
車で近隣を徘徊した後、ようやくたどりつきました。まぁワタクシだけだと思いますがw


P1150492_R.jpg

下多良神社についてしまえば、首塚への入り口には案内があるので安心!


前から気になっていたので、お参り出来てよかったです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

| 武将の討死地 | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

専称寺の駒姫の墓

山形県山形市の専称寺には最上義光の娘、駒姫の墓があります。

3_2017072222281378e.jpg

専称寺は浄土真宗のお寺で、元は高擶(天童市)にあったものを
駒姫の菩提を弔うため義光公がこの地に移したそうんだそうです。


P1140167.jpg

駒姫は最上義光の二女。東国一の美しさといわれる美貌の持ち主だったことから
関白・豊臣秀次に側室にしたいと望まれ、15歳で上洛しました。

義光は何度も断ったようですが、秀次は時の権力者である秀吉の甥で関白。
しつこく求められて断り切れず、シブシブ駒姫を京へ上らせたと言います。


6_2017072222280794e.jpg

駒姫のお墓は墓所のさらに奥まった場所にあって少し分かりづらいのですが、
境内にちょいちょい案内標が立っているので、見つけるのは難しくありません。


8_20170722222809bdd.jpg

こちらが駒姫さんのお墓。

駒姫が上洛して最上屋敷に入ると、ほどなく秀次は謀反の疑いで高野山へ追放。
秀吉の命で切腹させられ、さらに妻子までも連座で処刑を命じられます。

義光は娘の助命嘆願に奔走。正式な側室になる前ということで家康を始め、
諸大名からも同情と嘆願が上がったにも関わらず、助命はなりませんでした。

三条河原に引き出された女子供は、妻子や乳母も含めて30数人におよび、
駒姫は正式な側室でもないのに、11番目に処刑されたと伝わります。


10_20170722222809e3b.jpg

墓石の後ろにある小さな丸い石が、元のお墓なんだそうです。

罪をきる 阿弥陀の剣にかかる身の なにか五つの 障りあるべき

駒姫の辞世の句。「罪を着る」「罪を切る」ってかけてるんですよね。
美しいだけでなく、かしこくてしっかりした女性だったと思いますね。

何度も断ったついでに、あと1ヶ月か2ヶ月くらい粘ったり、
するする詐欺で上洛をのらりくらり先伸ばしてたらね・・・ホントに気の毒です。


近くには父、最上義光の墓がある光禅寺や、駒姫の兄、 義康の眠る常念寺もあります。
義光さんの素敵銅像がある山形城とセットでぜひ!





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊国神社の加藤清正銅像

長浜市の豊国神社には加藤清正の銅像があります。

P1150369_R.jpg

長浜城と線路を挟んで反対側に建つ豊国神社。慶長3年(1598)に秀吉が亡くなった後、
長浜の人々が京の豊国廟にならって建立したもので、その後、大阪の陣で豊臣家が滅んだ後、
徳川幕府によって一旦、取り壊されるものの、町民が商売の神様「恵比須宮」を祀りたいと
彦根藩に頼んで一社を建立。奥にこっそり秀吉の像を隠してお参りしてきたそうな。


P1150371_R.jpg

現在の社殿は明治31年(1898)、秀吉の300回忌に造営されたものです。
御祭神はもちろん豊臣秀吉。そして配祀神として加藤清正と木村重成も祀られています。


P1150380_R.jpg

清正さんの銅像は豊国神社の隣にある、出世稲荷側の参道沿いに建っています。
戦前に奉納された銅像は戦争中の金属供出で台座だけになり、昭和55年に再建されたんだって。


P1150325_R.jpg

ワタクシが訪問した時は雨降りだったから、上手く撮れず暗い写真になっちゃいました。
銅像もコンパクトだし、お立ち台が高すぎて、晴れてても難易度は高かったと思うけど・・


P1150377_R.jpg

境内には秀吉が長浜城主になった時、清正が寄進した庭石もあります。
秀吉は城内において、「虎石」と呼んで気に入っていたんだって。


長浜城はマストとして、長浜駅前の三成と秀吉の三献の茶銅像、街中の大通寺も。
いや、なんなら石田町の石田会館行って三成銅像なんかもセットで見たら最高です!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 16:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本宗寺の石川数正の墓

愛知県岡崎市の本宗寺には石川数正のお墓があります。

P1110878_R.jpg

本宗寺は薬医門の佇まいが重々しい浄土真宗本願寺派のお寺です。

蓮如上人が応仁 2年(1468)創建したお寺ですが、永禄 6年(1563)の
三河一向一揆で拠点になったことから、家康に徹底的に破壊された後、
家康の叔母、妙西尼の願いにより、現在の場所に再建されました。
妙西尼は家康の生母於大の方の姉で石川数正の母親。家康の叔母です。

P1110880_R.jpg

こちら本堂・・昭和43年に火災により本尊の阿弥陀如来像などとともに焼失し、
昭和48年に鉄筋コンクリートで再建されたものなんだそうです。違和感あるw

P1110882_R.jpg

本堂の左手にお墓発見!墓域の奥の方じゃなく分かりやすくて助かりました。
墓所に供養塔・・分かりやすいどころか、念入りに碑が立っています。

P1110886_R.jpg

こちらが石川数正と母の妙西尼のお墓。妙西尼の墓が正面に来てまして、
肝心の数正さんは右。数正さんのは後付けですね。間違いないですw

家康の従弟として子供の頃から小姓として従い、酒井忠次と共に家康を
支えていた数正でしたが、小牧長久手の戦の後、突然家康の元を出奔し、
秀吉に仕えてしまいます。本能寺の変後、秀吉側との交渉を任されてるうち、
秀吉に籠絡されたとか、あえて秀吉側について家康を支えるためだったとか・・
色んな説を聞きますが、理由ははっきり分かってないんですよね。

P1110889_R.jpg

数正さんは家康が関東移封された後、松本10万石に封され、息子の康長と共に
松本城や城下町を整備。文禄2年(1593)松本で亡くなりました。享年61歳。
墓所は松本の正行寺にありますが有名武将のお約束。生まれた所にも供養塔ね。

歴史を後から見ているワタクシに数正さんの立場や考えは図れないけど、
一廉の武将が何かしらの信念を持って決断したこと・・ただ静かに合掌。



岡崎は德川所縁の寺や家臣所縁の地も多いので色々セットで回れます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山形城の最上義光の銅像

山形城と城前の最上義光歴史館前には最上義光の銅像があります。

4_2017072222245964a.jpg

山形城はお金がかかっているので、復元された門とかも見どころなんだけど、
今回は最上さんを目指してやってきたので、ほかには目もくれずかけよりますよ!


P1140207.jpg

長谷堂合戦で陣頭に立つ勇姿を描いたコレ、武将銅像の中で1、2を争うかっこよさ! 


5_201707222225000ba.jpg

はぁはぁ(*´Д`)  ただうっとり眺めるべし。言葉はいらない。


6_201707222225013d8.jpg

正面からもまたコレ、かっこいいん! ダーティな人にみられがちだけど、
家臣からも民からも慕われ、今だって山形県民のヒーローですよ!!


9_201707222226101e7.jpg

お城の近くにある最上義光歴史館の前にも銅像があるのでお見逃しなく。
ちなみに最上義光歴史館は無料! 絶対に中も見た方がいいです。


10_2017072222260889f.jpg

せっかくだし、武将銅像には違いないから見逃したくはないんだけれど、
にしても普通すぎて、こちらの義光さんには全くそそられませんw


山形城の近くには、義光の眠る光禅寺、義康の眠る常念寺、駒姫の眠る専称寺もあります。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 13:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT