武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

≫ EDIT

大泉寺の武田信虎の墓

甲府市の大泉寺には武田信虎の墓があります。

2_201707222255143ff.jpg

大泉寺は大永元年(1521)、信虎が天桂禅師を招いて開山した曹洞宗のお寺で、
法号「大泉寺殿泰雲存康大庵主」に因んで大泉寺とし菩提寺としたそうです。


6_20170722225516973.jpg/

本堂左手の方に武田三代の御霊廟があります。
孫子の旗が武田ゆかりの地って感じを盛り上げてます。


7_20170722225510f30.jpg

自分を追放した息子と家を滅ぼした孫と三代として並ぶ信虎の心はいかに?
でも何にせよ、戦国○○三代の中では1,2を争うインパクト


10_201707222255138b1.jpg

霊廟の真裏にお墓があります。真ん中が信虎、右が信玄、左が勝頼だそうです。


9_20170722225511223.jpg

48歳で追放された後、一度も国に戻ることのなかった信虎は信玄の死後、
天正2年(1574)には子逍遥軒(信廉)が城代を務めていた高遠城に身を寄せ、
同年3月5日に病没しました。享年82歳。


葬儀はこの大泉寺で行われました。


暴君だったとか信晴(信玄)を廃嫡しようとしたとか色々言われているけど、
甲斐を統一して領土を広げたイケイケですからやっぱすごい武将ではありますよね。


近くには武田勝頼のお墓がある法泉寺や武田義信の眠る東光寺など
武田めぐりマストなお寺がわんさとあります。是非セットで!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

| 武将の墓 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蛭ヶ小島の源頼朝と北条政子の銅像

静岡県韮山氏の蛭ヶ小島には源頼朝と政子の銅像があります。

P1110289_R.jpg

源頼朝が配流されて20年近くも暮らしたという蛭ヶ小島。
今は史跡公園になっていて、碑や銅像なんかがあるちょっとした観光スポットみたい。

P1110291_R.jpg

田畑が広がる富士山丸見えの風光明媚な風景は当時とそんな変わんないんじゃない?

1159年平治の乱が起き、平清盛と争って敗れた源義朝は殺されてしまいます。
義朝の三男頼朝は捕えられ、池禅尼(清盛の継母)の助命で蛭ヶ小島に配流。
1180年に以仁王の命で平氏討伐の兵をあげるまで20年もこの地で過ごしました。

P1110280_R.jpg

頼朝と政子「運命の2人」な像w 頼朝との仲を父時政に反対された政子は
他の男に嫁ぐはずのところ逃げ出して、愛するダーリンの元へ行ったのよ。
後に尼将軍と呼ばれる政子さんは若い頃から気性の激しい女性だった模様。

頼朝が浮気すると相手の家をメッタメタに破壊させたともいうし( ;゚Д゚)
北条を守るため自分で生んだ長男を幽閉して殺しちゃってるしね(((( ゚Д゚))))
見方は色々だろうけど、とにかく腹くくったら何でもやる強ーい女性だわw

P1110282_R.jpg

怖い奥さんがいるのに懲りずに浮気を繰り返す頼朝さんも大したもの。
やっぱそのくらいの図太さがないと、源氏再興や武家政権樹立出来ないよね~
頼朝と政子って色んな意味ですごい夫婦だと思うけど、ワタクシは遠慮しますw

銅像としては雰囲気なくてイマイチ。


近くにある北条早雲の韮山城や北条時政の墓所がある願成就院もセットでどうぞ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

功山寺の高杉晋作の銅像

山口県下関市の功山寺には高杉晋作の銅像があります。

s-DSC_0603.jpg

元応2年(1320)に創建され、足利尊氏や大内氏の帰依を受けて隆盛を誇ったお寺。
総門は創建当初、室町時代に建てられたものとのことで年季があふれ出ています。


s-DSC_0606.jpg

毛利元就に敗れた大内義長が仏殿で自刃した大内氏終焉の場所でもあり、
高杉晋作が門前で義兵の旗挙げした維新発祥の地でもあるという古刹です。


s-DSC_0608.jpg

大内氏滅亡後、毛利秀元が修復、寺門を興隆して功山寺と改称したそうな。

ワタクシこの時、出張で下関に行って思いがけなく空いた時間が出来た所、
お客さんが少しでも観光してってと案内してくれたから情報とか何も知らないw

おまけに史跡の宝庫下関で、限られた時間めいっぱい案内してもらったので
1ヶ所の滞在時間10分とかw 天気も悪くてスマホでせかせか撮るから
せっかくあちこち「立ち寄れ」たのに、いい写真がないのが残念だったな。


image_20171228111111b01.jpg

こちらが境内にある高杉晋作の銅像。武者ぶりはイマイチだけど頭よさそうw
ワタクシ幕末とか維新は戦国ほど興味がないので食いつけないけど(*°∀°)=3


s-DSC_0611.jpg

奇兵隊を結成したり活躍しながら若くに亡くなったよね。人気あるよね。
それは知ってるけど・・・ワタクシどちらかといえば佐幕に寄せちゃう方なんでw



さて。次のみもすそ川公園で、義経の八艘飛び銅像を見に行きますか!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 07:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東光寺の諏訪頼重と武田義信の墓

甲府市の東光寺には諏訪頼重と武田義信の墓があります。

1_20170722225322a31.jpg

東光寺は臨済宗に帰依した武田信玄が開いた「甲府五山」の一つに数えられる名刹。


6_20170722225323afc.jpg

お二方のお墓は本堂裏を上がった墓域の中にあります。


7_2017072222531825a.jpg

階段を上ったところに、武田義信、諏訪頼重と二人のお墓が並んでいました。
前にスペースなさ過ぎて、二つ並んで正面からの写真が撮れなかったけど(*°∀°)=3


8_20170722225319473.jpg

まずは手前にある武田信玄の長男、義信さんのお墓からお参りします。

義信は信玄と正室三条夫人との間に生まれた長男。武田の跡取りとして養育されましたが、
家臣とともに信玄の追放を画策するも露見し、ここ東光寺に幽閉されました。

2年後の永禄10年(1567)10月、死去。享年30歳。死因や真相はわからないのだとか。


9_201707222253208ff.jpg

諏訪頼重は信濃諏訪郡の領主。武田信虎の娘禰々(ねね)を正室に迎えて
武田との関係を強化していましたが、天文11年(1542)、父信虎を追放して方針転換した
晴信(信玄)によって桑原城を囲まれます。頼重は抵抗するものの、開城すれば
兵を引くという和議を受け降伏。甲州に送られ、東光寺で自害させられました。


井沢元彦の野望がこの辺のところ面白かった!



甲府市内だけに周辺には武田関連の濃い史跡が目白押し! 計画的にセットで見てください。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逍遥院の武田信廉の墓

甲府市の逍遥院には武田信廉の墓があります。

0_20170722225006f84.jpg

住宅街に溶け込んだ山門。車でうっかり通り過ぎそうになってしまいました。


4_20170722225008442.jpg

こちらのお寺では案内とかもなく、事前に調べてなかったら見つけられなかったかもな。
場所は本堂左に行ってすぐ。正確には墓じゃなく祠なんだって。


5_20170722225010b99.jpg

武田信廉は信玄の末弟で武田二十四将の一人。
信玄と姿が似ていたことから影武者を務めていたとも言われます。

勝頼の代には飯田城代や大島城代などの重要拠点を任され、
天正3年(1575)には長篠合戦にも参陣。一族の重鎮として支えましたが、
天正10年(1582)、織田徳川による甲州侵攻が始まると甲斐に退却するも、
後に織田軍にとらえられ、甲斐府中で処刑されました。享年51歳。


6_2017072222500545c.jpg

絵画が得意な人で「絹本著色武田信虎像」や「武田信虎夫人像」など
現存するいくつかは、国重要文化財に指定されてるほどの腕前。

信玄の死後、追放されていた父信虎を引き取って世話したというし、
ヘタレじゃないにしても武人には向かない優しい人だったんだろうなぁ。




近くには甲斐善光寺や東光寺など武田史跡が目白押しです。セットで是非!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT