武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

≫ EDIT

龍岸寺にて真田信尹の墓参り

山梨県北杜市の龍岸寺には真田信尹のお墓があります。

1_2016090514095343b.jpg

ちょっとわかりづらいところで迷った末の到着。静かな里の中にあるお寺です。

2b.jpg

信尹のお墓は本堂の左手裏の墓域。真田丸が始まって案内がついたようです。

4_201609051409595da.jpg

信尹さんのお墓は一番右奥。お花が活けられているので分かりやすい。
信尹夫妻(正室は馬場信春の娘)幸政、幸信の三代が眠っています。

5_20160905141050d65.jpg

真田信尹は兄昌幸と共に武田信玄に仕えましたが、信玄の命で加津野家を継ぎ、
加津野市右衛門を名乗って勝頼の近侍として活躍しました。

天正10年、武田家が滅亡後は真田姓に戻り、信尹を名乗って徳川に仕えます。
関ヶ原、大阪の陣などの戦功により甲斐で4千石を与えられ、
知行地の大蔵村に居住し、寛永9年(1632年)5月、86歳で死去しました。

6_201609051410526f0.jpg

真田丸効果でものすごく訪問する方が増えたそうで前日も団体さんがバスで。
ワタクシが訪れる少し前も年配のグループがお参りに来ていたそうです。

7_20160905141053590.jpg

こちらのお寺の奥様が本当にとても素敵な方で、声をかけてくださったので
信尹のことはもちろん、真田丸で信尹を演じる栗原英雄さんが訪れていることなど
気さくに色々とお伺いしました。詳細は興味があれば本家ブログでご紹介してますので・・


大河って(私は見ないけど)その時ばっかり人がこぞって訪れてるけど
元から観光地としてメジャーとかじゃない限り、終るとそれっきりとかも多い。
今回は真田丸放映中のGW中だったけど人がいないタイミングでよかったです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

| 武将の墓 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八戸博物館前の南部師行の銅像

青森県八戸市の八戸市博物館(根城)前には南部師行の銅像があります。

P1120078_R.jpg

南部師行は元弘3年(1333)、後醍醐天皇の皇子義良親王を奉じて陸奥国司として
奥州に下向した北畠顕家に同行し、根城を築いた武将。後に足利氏に破れて討死しますが、
以降、代々八戸を拠点として住み続け、八戸発展の基礎を築きました。

P1120080_R.jpg

南部駒にまたがり颯爽としたお姿。この時代の奥州とかはあまり詳しくは知らないんだけど、
北方健三「破軍の星」 若き北畠顕家を支える南部師行の印象は誠実で知的で感じよかった。

P1120082_R.jpg

馬が躍動感あって堂々して見えるけど肝心な武将はこじんまりしてますかね・・
遠目に引いてみる方がウットリできる騎馬像です。


博物館の隣には根城跡もあります。こちらもぜひセットで見るとよいです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 09:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

願成寺にて武田信義の墓参り

山梨県韮崎市には武田の祖、武田信義のお墓があります。

P1120614.jpg

武田初代当主信義さん菩提寺のこちらが願成寺。韮崎武田めぐりマスト!

P1120618.jpg

山門入ったところにある武田家家臣招魂の碑。武田のルーツだから大事な演出。

P1120634.jpg

廟所は本堂の左手奥でわかりやすい。
「武田信義之墓 山梨縣」と書かれた立派な石柱と綺麗な説明版があります。

P1120639.jpg

撮り忘れたけど右手の石灯籠隣には「信義公八百回忌之塔」があるからお見逃しなく。

P1120642.jpg

中には入れないので、ここからガン見したり、手を合わせたりしますよ。

P1120647.jpg

真ん中がもちろん信義さんの。向かって左が夫人、右が乳母姫のお墓。
鎌倉時代初期の塔形として完全に近い形で資料的にも貴重なものなんだって。

P1120659a.jpg

こちらは武田氏累代の廟所。新羅三郎義光からの義清、清光、そして4代信義。
それから代々続いて19代信玄、勝頼、信勝で滅亡しますね・・・・つらっ。

P1120654.jpg


こちらは武田氏初代信義さんから数えた数字でかかれていました。

武田めぐりのマストです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常泉寺の豊臣秀吉の銅像

名古屋市の中村公園にある常泉寺には豊臣秀吉の銅像があります。

P1110548_R.jpg

この辺りが尾張中村・・秀吉の生誕地だと伝わっているんだそうです。

P1110561_R.jpg

境内左手の方に秀吉像があります。お立ち台に関白か太閤かって姿で立ってます。

P1110563_R.jpg

ワタクシは太閤さん秀吉よりも、信長の下でサルと呼ばれながら
知恵を絞ってバンバン出世していった頃の秀吉の方が断然好きです。

P1110567_R.jpg

秀吉銅像の隣には産湯の井戸もあります。それが本当かは別として、
尾張名古屋の中村・・秀吉の出はこの辺りなんだな~と思うとグッときます。


すぐ近くに加藤清正の生誕地「妙行寺」もあります。
超絶かっこよすぎる清正銅像があるので、セットで!
・・いや、むしろ秀吉ちょろっと⇒清正でうっとり♪がおすすめかw




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妙行寺の加藤清正の銅像

名古屋市の中村公園にある妙行寺には加藤清正の銅像があります。

P1110515_R.jpg

妙行寺は加藤清正の生誕地にあって、慶長10年(1610)の名古屋城築城の時、
清正が余った余材を寄進して再建したというお寺。清正の信仰した日蓮宗。

P1110522_R.jpg

境内正面に清正銅像があります。この銅像は熊本城にも名古屋城にもあるけど、
数ある武将銅像の中で一番かっこいいエクセレントクラスのものだと思っています。

P1110525_R.jpg

加藤清正に会ったことなんてあるはずないんだけど、イメージ通りって思っちゃう。
出来ばえが素晴らしいから、どんだけ見てても本当ーーに見飽きないんだよね。

P1110528_R.jpg

名古屋城にある銅像と違うのは、兜に前立てがあるところ。
佇まいも加藤清正らしいけど、この面構えも「ぽい」んだよね。ほんとに。ほんとーに。

こうしてブログを書いていても写真に見とれてしまうわ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT