FC2ブログ

武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

≫ EDIT

法泉寺の武田勝頼の墓

山梨県甲府市の法泉寺には武田勝頼のお墓があります。

1_201707222258206f0.jpg

鐘楼のある山門は寛永14年(1637)建立、甲府市の指定文化財。


4本堂左手

墓所は本堂左手。案内があるので助かる。階段を登って先にあるようです。


6

法泉寺殿武田勝頼公之墓の標柱と勝頼軍団戦死将士供養塔があります。

天目山で自刃した勝頼の首は信長の命で京の六条川にさらされますが、
不憫に思った法泉寺の快岳禅師が京に行き、首を譲り受けて甲斐に戻ります。
本能寺の変後、織田軍が撤退すると山桜を植えて勝頼を葬った・・という。


7

法泉寺を勝頼の菩提寺と定めたのは本能寺の変後、甲斐を治めた家康。
武田領の民心をつかもうっていう腹黒い目的があったんでしょうねw


8

隣には武田信武の墓も。信武は甲斐武田中興の祖と言われる人。
足利尊氏に従って甲斐守護になって・・勝頼からだと10代遡るのかな。


近くには大泉寺や東光寺、甲斐善光寺など武田史跡が目白押し。セットで!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

| 武将の墓 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韮崎市役所の武田信義の銅像

韮崎市役所の建物入り口前には、武田信義の銅像があります。

P1120702.jpg

信義公銅像は建物入り口横。一心不乱に向かいましょう。

信義さんは新羅三郎義光のひ孫。武田氏初代・・信玄のご先祖様です。


P1120703.jpg

豪気な感じで堂々たるいい銅像です。


P1120706.jpg

武田ってやっぱ濃い!!ってのはワタクシの勝手なイメージです。


P1120711.jpg

反対から見てもとても素敵な銅像。なかなかのお値段だと思います。


P1120704.jpg

大鎧着てね。「やぁやぁ我こそは!」ってやってた時代の武士もかっこいいです。


近くには信義のお墓がある願成寺や、元服して武田を名乗った武田八幡宮の他、
甘利さんの眠る大輪寺や新府城など武田関連史跡が目白押し。お見逃しなく!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の銅像 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

願成就院の北条時政の墓

静岡県韮山市の願成就院には北条時政の墓があります。

1b.jpg

文治5年(1189)、北条時政が源頼朝の奥州討伐の戦勝を祈願して建立した真言宗のお寺。

P1110299_R.jpg

北条時政は北条政子のオヤジ。ワタクシは超嫌い。
だって大好きな御家人畠山重忠さんを殺した憎ーい奴なんですもの。

P1110303_R.jpg

頼朝の死後、2代頼家を暗殺して、有力御家人も失脚させて3代将軍を実朝にし、
執権として幕府の実権を握った挙句、後妻の牧の方にそそのかされて実朝を嫡し、
牧の方の娘婿、平賀朝雅を将軍にしようと画策して畠山さんも殺した○○ジジイよ。

P1110301_R.jpg

いい気になってた時政でしたが、平賀朝雅の将軍就任に反対する娘の政子、
息子義時によって出家させられ伊豆に追放され、生涯を終えました。

頼朝を担ぎ出すところまでは頑張ったけど、後生の悪いおっさんです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常勝寺の池田父子と森長可の墓

愛知県長久手市の常照寺には池田恒興と森長可のお墓があります。

21.jpg

こじんまりしたお寺です。本堂の左の通路を進んで墓所に向かいます。

秀吉VS家康が戦った小牧長久手の戦いで壮絶な討死をした
秀吉方の武将、池田恒興と庄九郎、鬼武蔵の三武将のお墓があるのです。

P1110723_R.jpg

狭い通路から急にぽっかり広がった墓域を入ってすぐの左片隅にひっそりと。
開けた側には立派な墓石が並んでるけど、それに惑わされないようにw

P1110724_R.jpg

素朴すぎる手書きの案内が泣かせる。紀伊守は勝入の長男庄九郎のこと。
どれが誰のか墓石か分からないけど、書いてある順なのかね?
にしては大きさが逆な気もするけど、細かいことはまあいいかw

24.jpg

小牧長久手の戦いはわちゃわちゃしてて何だかよくわからない戦だけど、
死にもの狂いで戦って散った秀吉方の三武将のシーンはやっぱり山場。
じっくり描いてる小説を読むと泣けちゃいますね。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大泉寺の武田信虎の墓

甲府市の大泉寺には武田信虎の墓があります。

2_201707222255143ff.jpg

大泉寺は大永元年(1521)、信虎が天桂禅師を招いて開山した曹洞宗のお寺で、
法号「大泉寺殿泰雲存康大庵主」に因んで大泉寺とし菩提寺としたそうです。


6_20170722225516973.jpg/

本堂左手の方に武田三代の御霊廟があります。
孫子の旗が武田ゆかりの地って感じを盛り上げてます。


7_20170722225510f30.jpg

自分を追放した息子と家を滅ぼした孫と三代として並ぶ信虎の心はいかに?
でも何にせよ、戦国○○三代の中では1,2を争うインパクト


10_201707222255138b1.jpg

霊廟の真裏にお墓があります。真ん中が信虎、右が信玄、左が勝頼だそうです。


9_20170722225511223.jpg

48歳で追放された後、一度も国に戻ることのなかった信虎は信玄の死後、
天正2年(1574)には子逍遥軒(信廉)が城代を務めていた高遠城に身を寄せ、
同年3月5日に病没しました。享年82歳。


葬儀はこの大泉寺で行われました。


暴君だったとか信晴(信玄)を廃嫡しようとしたとか色々言われているけど、
甲斐を統一して領土を広げたイケイケですからやっぱすごい武将ではありますよね。


近くには武田勝頼のお墓がある法泉寺や武田義信の眠る東光寺など
武田めぐりマストなお寺がわんさとあります。是非セットで!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT