武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岐阜市道三町の道三塚

岐阜市の道三町には道三塚と呼ばれる斉藤道三の墓碑があります。

1_2014110222024054e.jpg

道三塚は住宅街の中にあり、色々調べても「岐阜市道三町」という住所だけなので、
ナビで近くに行き、グーグルマップをうろうろ見ながら何とかたどり着きました。
菩提寺の常在寺になかったお墓が、こちらの道三塚ということになっているんです。

3_20141102220241c62.jpg

敷地の中央にでーんと生えている大きな木の後ろに道三さんの墓碑はありました。

案内板には「義龍が弟2人を惨殺し道三を隠居に追い込んだ上、戦いを仕掛けたと
言うことになっているが、実際は有力な家臣によって強制的に引退させられ、
家臣の支持を失った道三は最終的に武力対決に至った」と書かれていました。

道三の遺体は崇福寺の西南に埋葬されましたが、長良川の洪水でたびたび流され、
天保8年(1837)常在寺第27世、日椿上人がこの地に塚を移し現在の石碑を建てました。
「道三無念の最期」という伝承が住民の間に残り、この塚には畏敬の念が払われ、
周囲の開発が進む現在においても「道三塚」は守り続けられているんだそうです。

崇福寺というのは近くにある信長父子の菩提所になっているお寺。この後行きます。

4_2014110222024496a.jpg

信長公記の記述によれば、義龍と対峙した長良川の戦いで道三は城田寺に逃げ込もうと
したところを討ち取られ、脛をなで斬りにされ鼻を削がれたと伝えられているそうな・・
信長は道三の危機を知りすぐ美濃に駆けつけるも間に合わず、無念の撤退をしています。

道三のお墓はお花が活けられ、「清州城信長鬼殺し」も備えられていました。

5_20141102220245554.jpg

同じく戦国の梟雄と言われた松永久秀もだけど、ワタクシはこの手の人嫌いじゃない。
食うか食われるかの時だもの。自分だったらどこまで悪役になれるかは別として、
こういう生き方も理解はできる。そんなワタクシ三国志なら曹操を絶賛支持です!

岐阜城近くの斎藤道三菩提寺の常在寺、信長父子が眠る崇福寺セットでどぞ!


応援お願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amoyoroshi.blog.fc2.com/tb.php/118-42332c79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT