武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

傑山寺の片倉小十郎景綱の墓

宮城県白石市の傑山寺には片倉小十郎景綱の墓があります。

1_201508141035061f3.jpg

片倉小十郎のお墓がある傑山寺は白石城から車で5分ちょいくらい。
慶長13年(1608)に片倉小十郎が妙心寺第十一世天心智寛大和尚を開山として
建立された臨済宗のお寺で、代々の城主と家族が弔われています。


6_20150814103507ecb.jpg

一般のお墓もある墓所内には分かりやすい案内板もちゃんと出てるので安心! 
歴代墓所は後回しにして、景綱さんのお墓のある一本杉を目指します。
景綱さんの名前にいちいち「初代」とつくのは、鬼小十郎の異名をとった
片倉小十郎重長さん2代目と区別をするためよね。大事なことですよ。うん。

8_20150814103509ee8.jpg

ちょいちょい案内が出てるので、広い墓所で迷わなくていいのはありたがい。

片倉景綱は伊達輝宗(政宗の父)の小姓として仕え、19歳の時に当時9歳の
梵天丸(政宗)の近侍になりました。文武に優れていた景綱は姉の喜多が
政宗の乳母だったこともあり、信頼のおける家臣として重用されました。

喜多さんは景綱と腹違いの20歳も年の離れた姉上。文武に通じた女傑と言われ、
早くに両親を亡くした景綱はこの喜多さんに養育され影響を受けたそうな。
喜多さんタイプの女性ワタクシ大好きなのでこの後、彼女のお墓参りもします。

9_201508141035101cf.jpg

樹齢は分かりませんが高くて上まで映りません。俺の墓標は一本杉・・って別に
景綱さんが決めた墓標じゃないけど、自分の生涯をかけた政宗ラブな生き様が
一本ピーンと通ってるように感じて、景綱さんのお墓らしいのかなと思います。

11_20150814103511f0a.jpg

元和元年(1615)10月14日、景綱は59歳でその生涯を閉じました。
悲しんだ政宗は自らの愛馬を下賜、棺を引かせて景綱を見送ったそうです。

遺骸はこの傑山寺に埋葬され、敵にあばかれないようにあえて墓石は建てず、
一本杉を墓標にしたといわれています。「傑山寺殿俊翁常英大居士」。

晩年には肥満し、糖尿病を患っていたのではないかと言われる景綱さん。
悲しんだのは政宗ばかりでなく、慕った家臣が6名も殉死したのだとか。

子供が先に生まれたからって殺そうとするくらい政宗ラブすぎだから、
景綱さんより政宗の方が先に亡くなっていたら・・くわばらくわばら。

この後、分骨された愛宕山の廟所にもお墓参りをするので、
景綱さん妄想はひとまずこの辺にしておきましょうw


それにしても政宗ラブすぎwww



応援お願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amoyoroshi.blog.fc2.com/tb.php/125-92073675

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT