武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安土城の信長廟所と信雄供養塔

[安土城] ブログ村キーワード

安土城には織田信長の廟所と信長の次男、信雄の供養塔があります。

P1060056.jpg

まずは順番的に信雄の供養塔から。本丸方面に向かう黒金門を越えた左手の方にあります。
正確には信雄以降四代の供養塔で、右から初代信雄、四代信武、三代長頼、二代高長と並んでいます。


P1060057.jpg

信雄と言えば、無断で伊賀国に出陣して大敗し信長に譴責されたとか、
本能寺の変後、安土城を燃やした張本人ということにされていたりとか、
小牧長久手の戦いでは家康に無断で秀吉と単独講和をしてしまったりとか、
とにかく愚将のイメージが付きまとう人ね。安土の放火の真偽は別として、
やっぱり考えが浅いというか、周囲からの評価は低い人だったんだと思う。
ワタクシも信長の野望をやる時、頼りにした試しは1度もないですw


P1060058.jpg

信雄の供養塔・・写真じゃなくて供養塔そのものが少し傾いているのよw

清州会議でも次男ながら家老は誰ひとり信雄を推戴しなかったといいます。
多少アフォでも父親が信長じゃなければ、そこまで評価低くされなかったかもね。
傾いた供養塔に偉大な父を持った信雄の悲運というか・・哀愁漂ってますね。


P1060068.jpg

二の郭には信長の廟所があります。元は信長一周忌に伴って羽柴秀吉が建立したそうです。
手前は百名城スタンプを押すところ。なんでこんなところにあるのか違和感あって謎w


P1060069.jpg

安土焼失といっても二の郭なんかは大丈夫だったみたいで整備された後、
遺骸の代わりに信長の太刀や烏帽子なんかを埋めて弔われたんだって。
ワタクシは秀吉の「信長ラブ」アピールのためのパフォーマンスと見ますw


P1060072.jpg

この廟が建てられた翌年、安土城は廃城になりました。秀吉だけに何か意味深。
ワタクシは信長の太刀や烏帽子を見たいわ。発掘とかしないのかしら?

この廟所が完全に当時のまま残っているものなんか分からないけど
廃城になっても徹底的に破壊されず安土城が今日まで残ってよかったと思いマス。

信長のお墓はあちこちにあり、ワタクシ先に高野山の名前入りお墓を見ているし、
本拠地、安土城の中・・しかも普段生活していたという二の丸に立っているので
そっちの方が感慨深く、廟所にはイマイチ興奮しきれませんでした(勝手な女)w



応援お願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amoyoroshi.blog.fc2.com/tb.php/55-e514851f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT