武将の銅像と墓参り

武将の銅像と墓参り~武将ゆかりの地巡礼から見える戦国ロマンをご紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大和郡山市の豊臣秀長の墓

[豊臣秀長] ブログ村キーワード


奈良県大和郡山市には豊臣秀長のお墓、大納言塚があります。

P1060805.jpg


住宅街の中にあり、駐車場はありません。通り沿いに業務用スーパーがあるので
そちらの駐車場に停めさせてもらい、帰りにジュースとおやつを買って感謝の意をw
その業務用スーパーから歩いて3分くらい。住宅街の中の月極め駐車場の奥にひっそりあります。


P1060806.jpg

ちゃんとしてます。お寺とかの中にあるわけじゃなく「大納言塚」として存在するんだけど、
ものすごいちゃんと整備されている感じです。敷地内から五輪塔のある中に門をくぐって入ります。


P1060813.jpg

安永6年(1777)に五輸塔が建てられ、昭和50年、市指定文化財になったそうです。

天正13年(1585)豊臣秀長は大和郡山100万石の城主となりますが、51 歳で他界しました。
秀吉が大光院を建立しますが、元和元年(1615)の豊臣家滅亡後、大光院は藤堂高虎の手により、
京都大徳寺の塔頭として移築され、秀長の位牌は東光寺(現・春岳院)に託されますが墓地が荒廃し、
その後、春岳院の僧・栄隆らによってこの地に五輪塔が建立されたそうです。(案内板より抜粋)


P1060814.jpg

これが秀長さんの五輪塔・・写真撮ろうとしたら後ろの木陰に笑顔認証が反応。
誰もいないのに笑顔とか検出するの、怖いからマジやめてほしいんだけど・・

秀長さんは秀吉の異父弟。とても有能だったようで、秀吉はもちろん諸大名からの信頼も
とても厚い武将だったそうです。秀長さんが長生きして秀吉死後も存命していたら、
家康のやり方も、そして豊臣家の有り方もきっと変わっていたんだろうと思います。


P1060809.jpg

大納言塚の入り口には「お願いの砂」というものがありまして。

秀長様は優しく賢く、とても立派なお殿様で学問の智将とも呼ばれています。
お参りしたお礼を申し上げた後、「自分の名前」と「願い事」を言いながら、
3回または7回、門前の石の箱へお砂を通すときっと願いを聞いてくださいます。

ということらしいです。


P1060817.jpg

門の前にこんなのがあるわけ。せっかくだからもちろんやるでしょw


P1060818.jpg

↑の写真のところに「お願いの砂箱」と書かれた蓋が。
穴に通す砂がしまわれているみたい。ここから砂を出して穴を通すわけだ。


P1060816.jpg

人が誰もいないので若干、大きい声で名前と願い事をリアルにぶつぶつ言いながら
砂を通すこと7回・・念入りにΣ(゚Д゚)! 「埼玉から」来ましたとも付け足しておくw


大和郡山城からすぐ近くなので、登城の際はぜひ、こちらにもお立ち寄りください。



応援お願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 武将の墓 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amoyoroshi.blog.fc2.com/tb.php/72-b21d9e50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT